ポジション 「たまプラ―ザ」の街並を抱く、美しの丘上に。

スクロール

※外観完成予想CG

ここに住まうことを選んだ方に、
特別な時間を過ごして欲しい—。
その想いから〈ブリリア美しが丘〉では、
全27邸のプライベートレジデンスでありながら
日々の「質」を高める、
こだわりの設備仕様やサービスをご用意。
その一部をここでご紹介します。

luxury
image photo

image photo

リングシャッター付
屋内駐車場※有料


天候を気にすることなく乗り降りできるよう、駐車場は全て屋内に設置。出入口にはリングシャッターを設け、防犯性をさらに高めています。

image photo

image photo

全邸分の
トランクルームを
1階にご用意※有料

全邸分のトランクルームを、エレベーターから駐車場への動線上にご用意。外出の前後に、ゴルフバッグ等を出し入れする際もスムーズです。

image photo

image photo


各邸専属のインテリア
コーディネーター


一邸に一名、インテリアコーディネーターが専属。各種セレクトメニューやインテリアに関するご相談に、個別にご対応いたします。

※別途有償となる場合がございます。また各種セレクトについては申込期限がございます。詳しくは係員にお問い合わせください。

エントランスホール完成予想CG

エントランスホール
完成予想CG

天童木工の家具を
エントランスホール
に配置

数々の名作を世に送り出し、高級家具ブランドとして世界に名を馳せる天童木工。エントランスホールの家具は、この邸宅だけのオリジナルデザインで製作します。

image photo

image photo

全27邸中15邸、
約55%を角住戸
として計画

南西斜面の丘上立地を活かすべく、半分以上の約55%を角住戸としてプランニングしています。

※全27戸中15戸が角住戸。

参考写真

参考写真

ハンズフリーで
解錠できる
Tebraキーを採用

共用部等のオートロックは、鍵をバッグやポケットにしまったままで解錠可能。お子様連れでも、スムーズに通り抜けることができます。

※1.ハンズフリーキーと非接触型キーの2種類のお引渡しとなります。 また、非接触型キーの場合はキーヘッドをリーダーにかざす必要があります。
※2.ハンズフリーキーのおかれた環境により、解錠センサーが反応しにくい場合がございます。

luxury
シーザー天板

シーザーストーン天板


キッチンの天板は、天然石の風合いを持ちながら耐久性にも優れたシーザーストーン製です。

※キッチンスタイルセレクトにより異なります。

浄水機能付シャワー水栓

浄水器機能付
シャワー水栓

スマートなデザインの水栓。ヘッドが引き出せるので、シンク内のお掃除にも便利です。

バックカウンター

カップボード

面材やデザインなど、キッチンとトータルにコーディネートしたカップボードをご用意。インテリア性を高めるとともに、食器類をたっぷりと収納するスペースを確保しました。

※キッチンスタイルセレクトに応じて形状が異なります。

食器洗い乾燥機

食器洗い乾燥機

多くの食器を一度にムラなく洗え、後片付けの手間を軽減する食器洗い乾燥機。場所をとらずスマートなビルトインタイプです。

luxury
シーザー天板

シーザーストーン天板

洗面化粧台には、高級感と優れた耐久性を併せ持つシーザーストーンを使用しました。

鏡裏収納

ミラーキャビネット

一面鏡のセレクトには、化粧品や洗面小物などが取り出しやすいミラーキャビネットを設置しました。三面鏡セレクトは裏面が全て収納となっており、スッキリと使用できます。

luxury
保温浴槽

保温浴槽

浴槽を断熱材で覆い保温効果を高めました。お湯が冷めにくいので追い焚きの回数が減り、光熱費を抑えます。

フラットラインLED

フラットラインLED

気分によって明かりの色を切り替えられるスタイリッシュな照明を採用。気分に合わせて浴室の雰囲気を変えることができます。

※掲載の室内写真は、モデルルーム(Dタイプ・セレクトプラン1)を2018年4月に撮影したもので、実際の仕様・仕上げとは異なる場合がございます。また、一部無償セレクト・オプションが含まれており、お申込には期限がございます。家具・調度品等は販売価格には含まれておりません。尚、各種部材につきましては、実物と質感・色等の見え方が異なる場合があります。※セレクトは一部住戸に限られます。※セレクトには申込期限がございます。詳しくは係員にお尋ねください。※掲載の完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現していません。形状・色等は実際と異なります。 表現されている植栽は竣工から初期の生成期間を経た状態のものを想定して描いており、竣工時は植物の成長を見込んで必要な間隔をとって植えています。設計・施工上の都合により、設計位置・樹高・本数等変更される場合があります。また、各種機材・配管・素材等及び周辺建物・電柱・架線等は省略・簡略化しております。
※計画段階のため今後変更となる場合がございます。